ブビンガでのローソク足を使ったエントリー情報まとめ

バイナリーオプションを始めるにあたって、より条件面で魅力を感じられる海外バイナリーオプション業者を選ぶ方はとても多くなっています。
その中でも存在感を増しているのがブビンガです。
今回は海外バイナリーオプション業者のひとつであるブビンガで、ローソク足を使ったエントリーについての情報をまとめていきたいと思います。

ブビンガでHIGHエントリーを考えるべきローソク足の傾向

まずは、ブビンガでHIGHエントリーを考えるべきローソク足の傾向から見ていきましょう。
基本的にHIGHエントリーは相場が上昇しそうなタイミングでおこなっていくことになりますので、相場の上昇が予想されるローソク足の傾向をチェックしていきます。

安値圏で陰線のローソク足の次に出たローソク足が長い陽線になっている

相場が安値圏にあるとき、ひとつ前に陰線があり、その次のローソク足が長い陽線だった場合には上昇シグナルだと考えられます。
安値圏で相場を動かす大口投資家が大きな買い注文を入れたときなどにこういった動きが見られるのですが、このときに出来高を伴う長い陽線であれば上昇シグナルとしての精度はさらにアップします。

3本の陽線が階段状に上がっている

3本の陽線が上り階段のように階段状に続いているときも、上昇シグナルと考えていいでしょう。
もちろん、それまでの方向性がどちらになるのかハッキリしない場合もあるでしょうが、買いの優勢を示す陽線が3本継続することによって投資家たちも買いのほうで判断する可能性が高いです。
そのため、その後の相場も上昇傾向だと考えられるのです。
ちなみに、3本の陽線が階段状に上がっているローソク足の状態は上昇相場の初期に出てくることが多く、「赤三兵」と呼ばれることもあります。

下落相場で長い陰線の後に上下にヒゲが伸びている短い陽線が出ている

相場の下落局面では経済や政治などの予期せぬ悪材料といったものをきっかけに、投資家たちが弱気になり大量の売り注文を出すことで発生する大暴落のことを「セリングクライマックス」と表現します。
下落相場の最終段階ではこのセリングクライマックスが起こることも多いですが、その下落相場で長い陰線が出たら上昇のサインだと考えていいでしょう。
その後に上下にヒゲの伸びている短い陽線が出たらより上昇の可能性は高まります。
セリングクライマックス後の下ヒゲはそれ以上の売り注文の解消を、上ヒゲは逆張り派の最初の買い注文を示しており、それにプラスして買いが優勢である陽線で着地したことによって上昇の可能性が高いと判断できます。

長い下ヒゲの陽線が出ている

陽線で長い下ヒゲが出ている場合、レートがもとに戻り、上昇して陽線を形成しているわけですから、それ以上の下落は拒否され、売りよりも買いのほうが強いと考えられます。
下方向に強い買いの勢いがあり、売り注文も続かずに一掃されたと考えられるので、こういったローソク足の傾向が見られたら上昇シグナルとして、ブビンガではHIGHエントリーをおこなってみましょう。

ブビンガでLOWエントリーを考えるべきローソク足の傾向

次は、ブビンガでLOWエントリーを考えるべきローソク足の傾向について見ていきたいと思います。
基本的にLOWエントリーはHIGHエントリーのときと逆で相場が下落しそうなタイミングでおこなっていくことになります。

高値圏で前の陽線よりも長い陰線が出ている

相場の高値圏でひとつ前の陽線よりも長い陰線が出ている場合、それは下落シグナルと考えていいでしょう。
高値圏での長い陰線というのは大口投資家による売り崩しのサインのひとつです。
もし出来高を伴う長い陰線が形成されているなら、相場が下落する可能性もより高まります。

3本の陽線が階段状に下がっている

3本の陰線が下り階段のようなかった形で階段状に下がっている場合、下落シグナルになることが多いです。
陰線は買いよりも売りが強いということなので、売ろうと考える投資家たちが増えるのと同時に、投資家たちの中で買いに対する警戒感が増します。
こういったこともあり、以降の相場が上昇しにくく、また下落する可能性が高くなると考えられるのです。

上昇相場で長い陽線の後に上下にヒゲが伸びている短い陰線が出ている

上昇相場で長い陽線の後に上下にヒゲが伸びている短い陰線が出ているというのも、下落サインだと考えられます。
基本的に相場というのは最終局面で大きな伸びを見せることが多いので、上昇相場の最終局面は長い陽線が形成されて、その後に長い上ヒゲが買い注文の吸収、下ヒゲが第一弾の売り注文を示していると推測できるのです。
陰線が形成されている時点ですでに売りのほうが強くなっていることがわかるので、その後の下落も予想できるというわけです。

長い上ヒゲの陰線が出ている

長い上ヒゲの陰線が出ている場合、強い売り注文があることを示しています。
ローソク足の実体の上の領域に価格がとどまることを拒否され、それ以上の上昇を支える買い注文が続かなかったことを意味しているので、その後は下落する可能性が高いでしょう。

ブビンガで長いヒゲのローソク足で勝負してみる

先ではブビンガでHIGHエントリーを考えるべきローソク足の傾向とLOWエントリーを考えるべきローソク足の傾向についてお話ししましたが、いろいろありすぎてよくわからなくなってしまったという方もいるかもしれません。
もしもっとシンプルに勝負していきたいのであれば、長いヒゲのローソク足で勝負してみるのもいいでしょう。
例えば、上昇トレンドがしばらく続いた後にそれが終わる天井を示す上ヒゲ、下降トレンドがしばらく続いた後にそれが終わる底を示す下ヒゲといったもので、ローソク足に長いヒゲが出た場合は、相場が反転する可能性があります。
ブビンガに限らず、こういう状況では長いヒゲの反対方向にエントリーすれば勝てる可能性が高いです。
ただし、レンジ相場ではどれだけ長いヒゲのローソク足が出たとしても「騙し(ダマシ)」である可能性があるので注意しておきましょう。
騙し(ダマシ)というのは為替が瞬間的に大きく動くことを指し、「ノイズ」と呼ばれることもある現象です。
また、長いヒゲのローソク足で勝負したい場合でも以下のような状況下では取引を避けてください。

  • トレンドがないとき
  • 政治的なイベントや各国中央銀行のイベント、経済指標の発表があったとき
  • 何か大きな事件や出来事が起こったとき

ローソク足が読めるようになるとブビンガでの勝率も上がる!

ブビンガでのローソク足を使ったエントリー情報ということでいろいろなポイントをご紹介しましたが、ローソク足が読めるようになるとブビンガでの勝率もかなり上がるかと思います。
もともとブビンガは数ある海外バイナリーオプション業者の中でも評判がよく、分析などに役立つインジケーターも充実しています。
ローソク足が読めるようになって、各種インジケーターと組み合わせていくとより勝率を高められるのではないでしょうか?
また、ローソク足を使ったエントリーというのはバイナリーオプションにおける基本中の基本ではありますが、シンプルだからこそ初心者の方にもおすすめできる攻略法とも言えます。
魅力的な条件が揃っているブビンだからこそ、シンプルなローソク足を使っての勝負でもより良い結果が出やすいはずです。