ブビンガで使える豊富なインジケーター

一定の時間が経過したときに価格が上がっているのか、それとも下がっているのかを予想するシンプルな投資であるバイナリーオプションなのですが、どれだけシンプルなものであっても投資である以上は分析が欠かせません。
その分析にはやはりインジケーターの存在が必要になってきます。
どのようなインジケーターが使えるのかはそれぞれのバイナリーオプション業者によって異なります。
今回は海外バイナリーオプション業者の中でも注目を集めているブビンガで使えるインジケーターについての情報をまとめていきたいと思います。

ブビンガで使えるインジケーターとは?

海外バイナリーオプション業者の中でもその注目度と人気を高めているブビンガなのですが、その理由のひとつにインジケーターが挙げられます。
実際に、ブビンガで使えるインジケーターはかなり種類が多く、それでいて高性能です。
具体的に、ブビンガでは以下のようなインジケーターが使えるようになっています。

SMA

(Simple Moving Average)

SMASimple Moving Average)というのは単純移動平均線のことで、対象となる期間での複数終値から平均値を算出し、期間をずらしながら線でつないだものになります。直近の価格に重きを置いているEMA(Exponential Moving Average)に比べると鈍く反応します。
EMA

(Exponential Moving Average)

EMA(Exponential Moving Average)は指数平滑移動平均線のことで、一定期間の平均値によって表示されるものになります。SMASimple Moving Average)に改良を加えて、直近の値動きに重きを置いているため、SMASimple Moving Average)と比べると敏感に反応します。
LWMA

(Linear Weighted Moving Average)

LWMALinear Weighted Moving Average)は線形加重移動平均線のことで、SMASimple Moving Average)よりも直近の値動きに重きを置いて、過去の値動きにさかのぼりながら値を算出したものです。
SMMA

(Smoothed Moving Average)

SMMASmoothed Moving Average)は平滑移動平均線のことで、直近の値に重きを置いたSMASimple Moving Average)のようなものです。
SAR(パラボリックSAR) SAR(パラボリックSAR)はチャート上にSARと名付けられた点を表示させるタイプのインジケーターで、上昇トレンドの際には価格の下に、下降トレンドの際には価格の上に表示されます。
アリゲーター アリゲーターはMedian Priceを適用した3本のSMMASmoothed Moving Average)から構成された指標です。順張りでよく使われます。
ボリンジャーバンド ボリンジャーバンドではチャート上に3本の線が表示され、設定によって線内部での価格が収まる確率を算出できます。
MACD

(Moving Average Convergence Divergence)

MACDMoving Average Convergence Divergence)は「マックディー」と呼ばれるオシレーター系インジケーターになります。2つの移動平均線からトレンドの方向性を示す指標です。
Momentum Momentumはそのまま「モメンタム」と読みます。現在の価格と過去の価格を比較して、相場の強弱を分析する指標です。
RSI

(Relative Strength Index)

RSIRelative Strength Index)は相場の買われ過ぎ、売られ過ぎを1本の線で示すものです。
PVO

 (Percentage Volume Oscillator)

PVO (Percentage Volume Oscillator)2つのボリュームベースの移動平均の差を大きいほうの移動平均に対する割合として測定し、ボリュームのモメンタムを表すものです。
ATR

(Average True Range)

ATRAverage True Range)はボラティリティの強さや弱さを示すための指標です。
Awasome Oscillator Awasome Oscillatorは「オーサムオシレーター」「AOオシレーター」と呼ばれています。赤や緑の棒が表示されることによって、相場の強弱やトレンドの変化を示す指標です。
Stochastic Stochastic は「ストキャスティクス」と読み、2本の線の動きから相場の買われ過ぎの水準と売られ過ぎの水準を分析するための指標です。
CCI

(Commodity Channel Index)

CCICommodity Channel Index)は商品チャンネル指数のことで、買われ過ぎや売られ過ぎといった相場の方向性などを1本の線で示したものです。

ブビンガにはこの他にもHMLといったインジケーターがあり、バイナリーオプショントレードをおこなっていく上ではかなりのプラスになります。

ブビンガはインジケーターが充実しているので外部ツールに頼らずに済む

ブビンガ以外のバイナリーオプション業者だとインジケーターを含めて取引ツールの使用に制限がかかっていることもありますし、そもそも用意されているインジケーターがあまり充実していないということもあります。
そのため、そのバイナリーオプション業者で使うためにわざわざ外部のツールを探さなければいけないということもありました。
実際に、バイナリーオプションのインジケーターについて調べているとバイナリーオプション業者とは別でMetaTrader4(MT4)やMetaTrader5(MT5)といった外部ツールを紹介するようなケースも珍しくありません。
もちろん、MetaTrader4(MT4)やMetaTrader5(MT5)を含めた外部ツールは確かに便利です。
しかしながら、その一方でそれぞれのバイナリーオプション業者の取引プラットフォーム上に表示させることができずに、バイナリーオプショントレードにおいてチャンスを逃してしまうというケースも少なくありませんでした。
そういった中でも、ブビンガであれば取引プラットフォーム上にもともと用意されているインジケーターを表示させることができるので、MetaTrader4(MT4)やMetaTrader5(MT5)などの外部のツールに頼る必要がなくなるのです。

インジケーターが充実している分、ブビンガは有利!

バイナリーオプショントレードにおいては、絶対に分析が必要になります。
分析をしないと勝率を高められません。
効果的な分析をしていくためにはインジケーターが欠かせません。
ブビンガは他のバイナリーオプション業者と比べてもかなりインジケーターが充実していますし、その分、有利に分析をおこなっていくことができます。
外部ツールを使うときのようにいちいち画面を切り替える必要もないので、バイナリーオプショントレードのチャンスを逃すこともないでしょう。
ブビンガはペイアウト倍率などの面では平均的ではありますが、他のバイナリーオプション業者よりも勝率を高められる環境にあるわけですからバイナリーオプショントレードでの結果は出やすいはずです。