ブビンガバイナリーの年末年始の営業は?

バイナリーオプション業者にもいろいろなところがありますが、その中でも注目を集めているのがブビンガバイナリーです。
「これはなかなか優秀な業者が出てきたな……」と感じている方も多いのではないでしょうか?
ただ、ブビンガバイナリーを利用するにあたって理解しておきたいのが年末年始の対応についてです。
今回はブビンガバイナリーにおける年末年始の対応について詳しくお話ししていきたいと思います。

年末年始のマーケットはどうなっている?

まずは、年末年始のマーケットがどうなっているのかについて理解しておきましょう。
一般的に12月26日、12月27日、12月31日、1月1日、1月2日は国によってマーケットがクローズとなる関係もあり、そもそも取引そのものができないというバイナリーオプション業者も少なくありません。
仮に取引ができるバイナリーオプション業者であっても、取引銘柄がかなり制限されてしまう可能性があります。
特に、注意しておきたいのがクリスマス前後です。
日本人にとって年末年始というとクリスマスが終わってからというイメージが強いのではないでしょうか?
ただ、バイナリーオプションをおこなっていく上ではクリスマス前から年末年始を意識しておいたほうがいいでしょう。
日本にとってクリスマスというのは単なるイベントのひとつかもしれませんが、海外でのクリスマスというのは日本で言うところのお正月と同じくらいに重みのあるものなのです。
そのため、クリスマス前後は日本人が思っている以上に流動性が低下しますし、その分、相場の急変やスプレッドの拡大、ペイアウト倍率の変動などが起こる可能性もあります。
ちなみに、仮想通貨についてはもともと土日でも取引ができることもあり、年末年始も通常通りにマーケットが動いていますので、通常通りの取引ができるというところも多いようです。」

年末年始の金融機関はどうなっている?

次に、年末年始の金融機関についてです。
日本国内の金融機関は12月31日から1月3日までが休みになります。
そのため、基本的にこの期間での銀行振込での入出金はできないと考えておいたほうがいいでしょう。
出金に関しては1月4日以降順次着金というイメージです。
ただ、それぞれのバイナリーオプション業者で入出金の申請ができるかどうかは別問題なので、その点も注意しておきましょう。

ブビンガバイナリーは年末年始にどのような対応をしていた?

では、ブビンガバイナリーが年末年始にどのような対応をしていたのかについて見ていきましょう。
ブビンガバイナリーは2022年から日本でのサービス提供を開始していますので、あくまでも2022年から2023年にかけての年末年始での実績ということになります。

サポートについて

ブビンガバイナリーの年末年始のサポートについてですが、ブビンガバイナリーは年末年始も変わらずにサポートをおこなっていました。
もともとブビンガバイナリーでは日本語での対応時間には限りがあるものの、基本的に毎日対応をおこなっています。
他のバイナリーオプション業者が年末年始で休みに入っていても、ブビンガバイナリーであれば安心です。

入金について

ブビンガバイナリーの年末年始の入金についてですが、これも通常通りだったようです。
銀行振込についてはそもそもの日本国内の金融機関の休業もありますので、銀行振込での入金に限っては銀行の営業日に反映という形になります。
ただ、それ以外は年末年始でも関係なく、通常通りの反映だったとのことでした。
他のバイナリーオプション業者では年末年始の休みに入ってしまい入金の手続きができないというケースもありますが、ブビンガバイナリーであれば年末年始も関係なく営業しており、入金も問題なくできます。

出金について

ブビンガバイナリーの年末年始の出金についてですが、基本的にブビンガバイナリーでは年末年始も出金申請が可能です。
ただし、出金申請後にどれくらいで反映されるかどうかは金融機関の営業日の関係もありますので、一概には言えません。
しかしながら、他のバイナリーオプション業者であればそもそも年末年始も含めて休みの日には出金申請ができないというところもありますので、年末年始でも確実に出金申請ができるというのはブビンガバイナリーにおける大きな強みになってくるかと思います。

年末年始にバイナリーオプションをおこなう場合の注意点

最後に、ブビンガバイナリーに限らず年末年始にバイナリーオプションをおこなう場合の注意点についてお話ししておきたいと思います。

ルール変更に気を付ける

年末年始にバイナリーオプションをおこなう場合、ルール変更に気を付けておきましょう。
ブビンガバイナリーでは2022年から2023年にかけての年末年始でルール変更はおこなっていなかったようですが、2023年から2024年にかけての年末年始はルール変更があるかもしれません。
他のバイナリーオプション業者でも年末年始のルール変更はよくあることなので、公式サイトの情報をチェックしたり、サポートに確認しておいたりすることをおすすめします。

相場の流動性が大きく変わる

先でも触れましたが、年末年始は相場の流動性が大きく変わります。
クリスマス前はポジションの決済が進むため相場がかなり荒れやすいですし、年末になると全体の取引量が低下して流動性がなくなって動きがかなり少なくなります。
一方で、年始になってくると新規のポジションを保有するトレーダーが増えることになりますので、それで相場が荒れやすくなります。
また、年始は相場が短時間で急変動する「フラッシュクラッシュ」という現象が起こりやすくなります。
こうなってくると普段使っているようなテクニカル分析やファンダメンタルズ分析が役に立たなくなってしまう可能性もあります。
これはブビンガバイナリーだけではなく、すべてのバイナリーオプション業者において注意すべき点です。
ちなみに、ブビンガバイナリーは3か月単位の長期でポジションが保有できるのですが、年をまたいでポジションを持つ場合には特に注意しておいてください。

投資商品ごとに休場日が違う

ブビンガバイナリーに限らず、すべてのバイナリーオプション業者に共通していることなのですが、投資商品ごとに休場日は違います。
例えば、外国為替は土日が基本的に休場となりますし、株式や株価指数であれば各国の株式市場のスケジュールに合わせての休場となります。
一方で、仮想通貨は年中無休で売買がおこなわれています。
こういった投資商品ごとに休場があり、それにプラスしてバイナリーオプション業者のスケジュールも考えておこなっていかなければいけません。
ブビンガバイナリーの場合には基本的に年末年始も関係なく営業をおこなっているので、投資商品ごとの休場のみを考えればOKという感じです。

ブビンガバイナリーなら年末年始も安心!

金融機関の営業日や投資商品の休場といった影響は受けるものの、基本的にブビンガバイナリーであれば年末年始も安心してバイナリーオプションをおこなっていくことができます。
もちろん、年末年始だからこそのリスクもありますので、その点は十分に理解しておくべきですが、そのリスクを理解した上でバイナリーオプションをおこなっていけば世の中の多くの方が休んでいる間に自分ひとりでがっつり稼ぐということも十分に可能でしょう。