ブビンガのペイアウト率は?注意点も

ブビンガに限ったことではないのですが、やはりバイナリーオプショントレードをおこなっていく上でそのペイアウト率というものをチェックしていきたいところです。
ペイアウト率はバイナリーオプショントレードにおける稼ぎやすさに直結している要素のひとつです。
今回は海外バイナリーオプション業者の中でも注目度を高めているブビンガのペイアウト率について詳しくお話ししていきたいと思います。

ブビンガのペイアウト率はどれくらい?

ブビンガのペイアウト率というのはその銘柄や時間帯によって変わってくるのですが、だいたい1.40倍から1.90倍となっているようです。
平均で考えると1.80倍といったところでしょうか。
相場変動が激しくなる17時から24時までに間はペイアウト率も高めに設定されているようなので、ペイアウト率にこだわるのであれば取引の時間帯を変えてみるのもひとつかもしれません。

ペイアウト率を確認する方法

ブビンガのペイアウト率は常に一定ではないので、その都度、ペイアウト率を確認しておく必要があります。
どのようにペイアウト率を確認すればいいのか、その方法についても触れておきたいと思います。
ブビンガのペイアウト率を確認するためには、まず公式サイトのマイページにアクセスします。
取引画面の上部にある小さな三角のボタンをクリックして、銘柄選択の画面を出しましょう。
おそらく小さな三角のボタンは画面上部の左側にあるかと思います。
銘柄の一覧が表示されるとその右側にそれぞれのペイアウト率が表示されているかと思います。
この画面では判定時間が「1-5分」「5分以上」というザックリとした短期と長期の表示になっており、左側のペイアウト率が短期のもの、右側のペイアウト率が長期のものとなります。
ちなみに、銘柄とペイアウト率が表示されている画面の右上に3本線があるかと思いますが、それをクリックすると「通貨ペア」「仮想通貨」「コモディティ」「インデックス」など銘柄の種別が選択できるようになります。
必要に応じて活用していきましょう。
もしペイアウト率がいまいちわからないという場合には、以下のようなイメージで考えておけばOKです。

ペイアウト率90%:1000円のエントリーで予想が当たれば900円の利益(1.90倍)
ペイアウト率75%:1000円のエントリーで予想が当たれば750円の利益(1.75倍)
ペイアウト率50%:1000円のエントリーで予想が当たれば500円の利益(1.50倍)

ブビンガのペイアウト率における特徴

ブビンガに限らず、バイナリーオプション業者においてはペイアウト率を必ず確認しておかなければいけません。
なぜかというとそれぞれのバイナリーオプション業者でペイアウト率も違いますし、それぞれのバイナリーオプション業者でペイアウト率にも特徴があるからです。
では、ブビンガのペイアウト率にはどのような特徴があるのかを見ていきましょう。

銘柄や時間帯によってペイアウト率が変わる

先でも触れましたが、ブビンガは基本的に銘柄や時間帯によってペイアウト率が変わります。
常に固定のペイアウト率が提示されているわけではありません。
判定時間や取引方法によってペイアウト率が変わるというバイナリーオプション業者は多いのですが、ブビンガのように銘柄や時間帯によってペイアウト率が変わるバイナリーオプション業者はやや珍しいかもしれません。
実際にブビンガの取引画面で確認してもらうのが手っ取り早いのですが、同じ銘柄であっても昼よりも夕方のほうがペイアウト率が高いといったように時間帯によってペイアウト率が変わります。
全体的な傾向として、値動きの少ない日中よりは値動きが活発になってくる17時から24時あたりの時間帯のほうがペイアウト率は高くなります。
また、ブビンガではマイナーな通貨よりもメジャーな通貨のほうがペイアウト率が高い傾向にあります。
ブビンガでバイナリーオプショントレードをおこなう場合には、必ずそれぞれでペイアウト率を確認するようにしてください。
ちなみに、日本時間よりもヨーロッパやアメリカの市場時間を狙うのがおすすめです。

短期判定よりも長期判定のほうが高いペイアウト率になることもある

ブビンガには1分から5分で判定時間を選択する短期判定と5分から3か月の間で判定時間を選択する長期判定があります。
一般的に短期のほうが為替の変動は予想しにくいと考えられているため、他のバイナリーオプション業者では短期判定のほうが高いペイアウト率になっていることがほとんどです。
しかしながら、ブビンガでは短期判定のペイアウト率が高い銘柄もあれば、長期判定のペイアウト率のほうが高い銘柄もあるのです。
もちろん、これに関してもブビンガでは時間帯によって違いが出てくるのですが、この特徴があるからこそ他のバイナリーオプション業者よりもブビンガのほうが長期判定で利益を出しやすいと言えるでしょう。

提示された短期と長期のペイアウト率は変わらない

ブビンガには短期と長期の取引がありますが、それぞれで提示されたペイアウト率は変わりません。
例えば、特定の銘柄で5分以上の長期の場合には1.90%となっているとしたら、15分後の判定でも6時間後の判定でも同じように1.90%のペイアウト率になるということです。
判定時間に関係なく、最初に提示されていたペイアウト率が反映されるということです。
そのため、ブビンガでは銘柄を選択する画面で提示されたペイアウト率の通りに取引ができるのです。

ブビンガのペイアウト率における注意点

最後に、ブビンガのペイアウト率における注意点についても触れておきましょう。

計算がやや面倒

繰り返しになりますが、ブビンガは銘柄やその時間帯によってペイアウト率が変わります。
そのため、常に同じ計算で利益や損失を考えていくということができません。
基本的にペイアウト率が上がるのか、それとも下がるのかという部分は個人では把握できないため、その都度、確認をして計算するという作業が必要になります。
バイナリーオプショントレードにおける勝率もペイアウト率によって変わりますので、人によっては面倒に感じられるかもしれません。

より絞り込みが必要になる

もともとバイナリーオプションというのは投資なので、絞り込んで取引をすることが必要になってきます。
しかしながら、ブビンガは銘柄や時間帯によってペイアウト率が変わる特徴を持っていますので、他のバイナリーオプション業者と比べるとより絞り込みが必要になると言えます。
銘柄や時間帯を絞り込んだ取引をするのはもちろん、ペイアウト率の傾向といったものも把握しておいたほうがいいでしょう。
日本でサービスの提供を始めてまだ間もないブビンガですが、今のところの傾向としてメジャー通貨のペイアウト率が高いと言われています。
ただし、この傾向が今後変わってくる可能性もゼロではありません。
特に、今の世の中はどこで何が起こるかわからない不安定な部分が大きいので、しっかりと絞り込んで、その中で集中的に分析をおこなっていきましょう。
ちなみに、絞り込みということであれば、ブビンガではペイアウト率が1.50倍以下になっているものは避けたほうがいいかと思います。
ペイアウト率ごとに必要となる勝率は変わりますが、ペイアウト率が下がればより高い勝率が求められるので逆に苦しくなってしまう可能性もあるのです。