ブビンガとハイローを比較!ブビンガにしかない魅力とは?

海外バイナリーオプション業者にもいろいろな選択肢があります。
知名度で考えるとやはりハイローが強いのですが、新しく日本でサービスの提供をし始めたブビンガもじわじわとその人気を高めています。
バイナリーオプション業者と相性といった問題もありますので、どちらが一概に良いとは言えないのですが、今回はブビンガとハイローを比較し、その中でブビンガにしかない魅力をピックアップしていきたいと思います。

ブビンガにあってハイローにはない魅力その1:アカウントの種類が豊富

ブビンガにあってハイローにはない魅力として、まず挙げられるのがアカウントの種類です。
基本的にハイローにはアカウントの種類という概念はないのですが、ブビンガには「Start」「Standard」「Business」「Premium」「VIP」と5種類ものアカウントが用意されています。
ブビンガのアカウントの種類は以下のように入金額によって変わります。

Start 入金額:599.99 $

トレードバック:なし

取引資産:46銘柄

1日/1週間の出金制限:50 $ / 100 $

リクエストごとの制限:25 $

出金リクエストの処理:5営業日までに

トレーディングルーム:なし

同時オープントレードの金額:100 $

Standard 入金額:100499.99 $

トレードバック:ボーナスとして5%

取引資産:53銘柄

1日/1週間の出金制限:200 $ / 500 $

リクエストごとの制限:50 $

出金リクエストの処理:3営業日までに

トレーディングルーム:なし

同時オープントレードの金額:250 $

Business 入金額:5001,999.99 $

トレードバック:ボーナスとして10%

取引資産:61銘柄

1日/1週間の出金制限:500 $ / 2,000 $

リクエストごとの制限:100 $

出金リクエストの処理:2営業日までに

トレーディングルーム:Business

同時オープントレードの金額:1,000 $

Premium 入金額:2,0004,999.99 $

トレードバック:ボーナスとして12.5%

取引資産:73銘柄

1日/1週間の出金制限:1,500 $ / 4,000 $

リクエストごとの制限:250 $

出金リクエストの処理:1営業日までに

トレーディングルーム:Business

同時オープントレードの金額:2,500 $

VIP 入金額:5,000 $

トレードバック:リアル資金として15%

取引資産:78銘柄

1日/1週間の出金制限:15,000 $ / 100,000 $

リクエストごとの制限:無制限

出金リクエストの処理:1営業日までに

トレーディングルーム:Business, VIP

同時オープントレードの金額:無制限

入金額に応じてアカウントの種類がランクアップするようなイメージで、VIPのアカウントタイプに近づけば近づくほどバイナリーオプショントレードにおける可能性も広がり、お得感も増します。

ブビンガにあってハイローにはない魅力その2:入出金方法が充実している

ブビンガにあってハイローにはない魅力としては、入出金方法の多さも挙げられます。
ハイローの入出金方法は以下の通りです。

ハイローの入金方法

〇クレジットカード(VISA、JCB、MasterCard)
〇銀行送金
〇Bitcoin

ハイローの出金方法

〇銀行送金

ブビンガの入金方法

〇クレジットカード(VISA、MasterCard、JCB)
〇即時銀行振込(ネットバンク)
〇銀行振込(送金)
〇PayPay
〇PerfectMoney
〇SticPay
〇LocalTransfer(国内銀行送金)
〇iWallet
〇TigerPay
〇Bitcoin
〇Litecoin
〇Ripple
〇Ethereum
〇TetherERC20
〇TetherTRC20

ブビンガの出金方法

〇銀行振込
〇SticPay
〇Bitcoin
〇Litecoin
〇Ripple
〇Ethereum
〇TetherERC20
〇TetherTRC20

ちなみに、ブビンガで入金をするのであれば「クレジットカード(VISA、MasterCard、JCB)」と「即時銀行振込(ネットバンク)」が、ブビンガで出金をするのであれば「銀行振込」がおすすめです。

ブビンガにあってハイローにはない魅力その3:インジケーターが使いやすい

ブビンガにあってハイローにはない魅力としては、インジケーターの使いやすさも挙げられます。
ブビンガでは以下のようにいろいろなインジケーターが使える上に、取引画面から簡単に使えるという点が高く評価されています。

インジケーター
  • SMA(Simple Moving Average)
  • EMA(Exponential Moving Average)
  • LWMA(Linear Weighted Moving Average)
  • SMMA(Smoothed Moving Average)
  • SAR(パラボリックSAR)
  • アリゲーター
  • ボリンジャーバンド
  • MACD(Moving Average Convergence Divergence)
  • Momentum
  • RSI(Relative Strength Index)
  • PVO (Percentage Volume Oscillator)
  • ATR(Average True Range)
  • Awasome Oscillator
  • Stochastic
  • CCI(Commodity Channel Index)
  • HML

ハイローを含めて他のバイナリーオプション業者だとインジケーターを使うために他の外部ツールに頼らなければいけないことが多くなりがちですが、ブビンガであれば分析から取引まで本当にブビンガだけで完結させることができます。

ブビンガにあってハイローにはない魅力その4:取引のハードルの低さ

ブビンガにあってハイローにはない魅力としては、取引のハードルの低さも挙げられます。
ブビンガの最低入金額は5ドルから、最低取引額は1ドルからです。
それに対して、ハイローの最低入金額は5000円から、最低取引額は1000円からとなっています。
もちろん、円安なのか円高なのかによっても変わってきますが、取引を始めるにあたってのハードルの低さというのはやはりブビンガのほうが圧倒的です。
ブビンガであれば数千円の資金でも十分な取引ができますが、ハイローで十分な取引をしようと思ったらやはり数万円は必要になるでしょう。

ブビンガにあってハイローにはない魅力その5:取引シグナルが利用できる

そして、ブビンガにあってハイローにはない魅力として最後に挙げられるのが取引シグナルです。
ハイローにはハイローが提供しているような取引シグナルはありません。
それに対して、ブビンガにはトレーディングルーム(取引ルーム)というものがあって、その中のサービスのひとつに取引シグナルが用意されています。
トレーディングルーム(取引ルーム)にはBusinessとVIPという2つのタイプがあり、取引シグナルが利用できるのはVIPのトレーディングルーム(取引ルーム)のみとなっています。
VIPのトレーディングルーム(取引ルーム)を利用できるのはVIPのアカウントタイプの方のみですが、ブビンガを使えば使うほど利用できるサービスが増えていくのは大きな魅力です。
ブビンガでバイナリーオプショントレードをおこなっていく上でのモチベーションにもつながってくるでしょう。