ブビンガのアカウント別の取引通貨

投資の中でもバイナリーオプションは注目を集めており、今まさにバイナリーオプション業者の吟味をしているという方も多いのではないでしょうか?
取引通貨でバイナリーオプション業者を絞り込んでいるという方もいるかと思いますが、今回は注目の海外バイナリーオプション業者であるブビンガの取引通貨について情報をまとめていきたいと思います。

ブビンガの公式サイトで公開されている取引通貨

さっそくですが、ブビンガの公式サイトで公開されている取引通貨についてご紹介していきましょう。
公式サイトの「資産カタログ」というページには、以下のようにブビンガで取り扱っている取引通貨が掲載されています。

通貨 取引セッション
EUR/GBP 月曜日〜金曜日、7時〜16時(GMT時間
EUR/USD 月曜日〜金曜日、0時〜2359分(GMT時間
GBP/USD 月曜日〜金曜日、7時〜18時(GMT時間
USD/CHF 月曜日〜金曜日、7時〜18時(GMT時間
GBP/RUB 月曜日〜金曜日、7時〜16時(GMT時間
EUR/RUB 月曜日〜金曜日、7時〜16時(GMT時間
NZD/USD 月曜日〜金曜日、0時〜2359分(GMT時間
GBP/JPY 月曜日〜金曜日、0時〜2359分(GMT時間
EUR/CAD 月曜日〜金曜日、0時〜2359分(GMT時間
GBP/CHF 月曜日〜金曜日、0時〜2359分(GMT時間
AUD/CHF 月曜日〜金曜日、0時〜2359分(GMT時間
AUD/JPY 月曜日〜金曜日、0時〜2359分(GMT時間
CAD/JPY 月曜日〜金曜日、0時〜2359分(GMT時間
AUD/NZD 月曜日〜金曜日、0時〜2359分(GMT時間
EUR/AUD 月曜日〜金曜日、0時〜2359分(GMT時間
GBP/CAD 月曜日〜金曜日、0時〜2359分(GMT時間
NZD/JPY 月曜日〜金曜日、0時〜2359分(GMT時間
AUD/CAD 月曜日〜金曜日、0時〜2359分(GMT時間
EUR/NZD 月曜日〜金曜日、0時〜2359分(GMT時間
EUR/CHF 月曜日〜金曜日、0時〜2359分(GMT時間
BTC/EUR 月曜日〜日曜日、0時〜2359分(GMT時間
BTC/USD 月曜日〜日曜日、0時〜2359分(GMT時間
BTC/GBP 月曜日〜日曜日、0時〜2359分(GMT時間

中には「取引通貨、少ないな……」と思った方もいるかもしれませんが、安心してください。
公式サイトの「資産カタログ」ページで公開されているのは、あくまでもブビンガで取り扱っている取引通貨の一部に過ぎません。
ブビンガが取り扱っている取引通貨それぞれの特徴についても簡単に見ておきましょう。

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)は、ご存知のようにユーロ圏17ヶ国の公式通貨です。
ユーロ圏以外の他に9ヶ国でも使用されています。
ユーロカレンシーは、米ドルよりもさらに大きい世界最大のマネタリーベースを持っていると言われています。

ポンド(GBP)

ポンド(GBP)は「英国ポンド」とも呼ばれますが、その名前の通り、イギリスの通貨となっています。
また、フォークランド諸島、セントヘレナ諸島、アセンション諸島、およびイギリスの海外領土であるトリスタンダクーニャとジブラルタルにおける合法的な支払い手段でもあります。

スイスフラン(CHF)

スイスフラン(CHF)はスイスとリヒテンシュタインの支払い手段となっています。
マネタリーユニットはスイスの中央銀行によって発行され、硬貨は紙幣とは異なり、造幣局が発行される形となります。

ニュージーランドドル(NZD)

ニュージーランドドル(NZD)は「キーウィ」とも呼ばれており、ニュージーランド、ニウエ、クック諸島、トケラウ諸島、およびピトケアン諸島の公式通貨となっています。
ちなみに、「キーウィ」はニュージーランドの国鳥であり、国のシンボルのひとつでもあります。

オーストラリアドル(AUD)

オーストラリアドル(AUD)は世界で5番目に取引されている通貨として知られています。
発行者はオーストラリア準備銀行です。
また、オーストラリアは高金利を維持しているため、外貨為替業務にて積極的にオーストラリアドルが使われており、日本や中国、米国との貿易関係の影響を受けています。
オーストラリア経済は特に金やその他の金属類などの商品の輸出に大きく依存しているため、コモディティ通貨に属します。

カナダドル(CAD)

カナダドル(CAD)は「Loonie」や「Little Dollar」とも呼ばれており、世界で7番目に取引されている通貨として知られています。
発行者はカナダ銀行で、隣国である米国経済の影響を受けています。
カナダ経済は特にエネルギー、木材、石油などの商品輸出に大きく依存しているため、コモディティ通貨に属します。

ビットコイン(BTC)

ビットコイン(BTC)は今や誰もが知る所となった電子仮想通貨です。
さまざまな仮想通貨がありますが、その中でもビットコインはもっとも人気のある仮想通貨となっています。
他の仮想通貨もビットコインの影響を強く受けています。

ブビンガの取引通貨に関して押さえておくべきこと

ブビンガの取引通貨に関して押さえておくべきことは主に2つです。

ブビンガなら土日でも取引ができる

ブビンガの取引通貨には仮想通貨のビットコインがありました。
実はビットコインのような仮想通貨を取り扱うことによって、ブビンガでは土日も取引ができるようになります。
一般的にもバイナリーオプショントレードというと平日のイメージが強いですし、バイナリーオプション業者側も平日をメインで対応しているというところが多いです。
ブビンガであれば平日も土日にも取引のチャンスがありますし、基本的に土日も含めてサポート対応が期待できますので、他のバイナリーオプション業者よりもチャンスは多いかと思います。

アカウントタイプによって取引通貨が異なる

ブビンガには「Start」「Standard」「Business」「Premium」「VIP」という5つのアカウントタイプが用意されています。
入金額によってアカウントタイプが変わってくるのですが、実はアカウントタイプによっても取引通貨が異なります。
アカウントタイプにはそれぞれ取引資産という項目があるのですが、これが取引できる銘柄、つまり取引通貨にあたります。
5つのアカウントタイプで取引通貨には以下のような違いがあります。

アカウントタイプ 取引資産(取引通貨)
Start 46
Standard 53
Business 61
Premium 73
VIP 78

Startのアカウントタイプであれば46銘柄なのに対して、VIPのアカウントタイプになってくると78銘柄と取引通貨にかなりの差が出てきます。
トータルの条件で考えるとStandardやBusinessのアカウントタイプでも十分だとは思うのですが、やはりPremiumやVIPのアカウントタイプを見ると取引における幅がぐっと広がる印象があります。
もちろん、PremiumやVIPのアカウントタイプを目指すにあたっての入金額のハードルはなかなか高いですが、せっかくブビンガでバイナリーオプショントレードをおこなっていくのであれば積極的に入金や取引を繰り返して、より上位のアカウントタイプを目指していきたいところです。