ブビンガの必勝法とは?戦略にヒントが

ブビンガは今まさに注目を集めている海外のバイナリーオプション業者です。
せっかくブビンガでバイナリーオプショントレードをおこなっていくのであれば、必勝法を知っておきたいという方も多いでしょう。
実はブビンガの必勝法については、公式サイトの戦略というページにヒントが掲載されています。

トレンドリバーサル取引

リバーサル取引戦略はインジケーターなしでおこなわれるもので、トレーダーはローソク足チャートを分析するだけでOKです。
取引セッション中、トレンドは両方向に何度か反転することになりますので、その中で適切な瞬間を捉えることができれば安定して利益を出していくことができます。

吸収戦略

吸収戦略は、次のローソクのそれぞれが前のローソクの低い点から高い点までよりも大きい場合に狙っていくものです。
吸収戦略ではインジケーターを使用することができないため、ローソク足チャートに従って適切なタイミングで適切なタイプのトランザクションを開かなければいけません。

ギャップ取引

ギャップというのは、大量の取引による価格の低下のことを指します。
基本的に営業日のチャートにて発生するものですが、週末でもトレンドは継続的に発生します。
特に、金曜日の公式相場は土曜日と日曜日に大幅に変更される可能性があるため、トレーダーにとっては月曜日が狙い目になります。

ピノキオ戦略

ピノキオ戦略は有名な物語である「ピノキオ」から名付けられた戦略です。
ローソクのメイン部分が頭で、そこから伸びる影がピノキオの鼻によく似ていることからこの戦略名となりました。
チャートでピノキオのようなローソク足が出てきた場合にはトレンドに変化が起こると考えられます。
鼻が長くなれば長くなるほど、その可能性は高くなります。
見た目にもわかりやすく、かつ効率的に利益を狙える戦略だと言えるでしょう。

3つのローソク足戦略

3つのローソク足戦略はいわゆる「3人の白い兵士」や「3人の黒いカラス」とよく似た戦略です。
特定のパターンに基づいて、価格がどのように変化するかについて効果的な予測ができるようになります。
シンプルではありますが、特定の価格変動がチャート上に表示されるタイミングを探し出すことができるでしょう。

7つのローソク足戦略

7つのローソク足戦略は市場の細かい技術に関する知識が必要なく、比較的簡単に実践できる戦略です。
ローソク足チャートで 1 時間ごとの時間枠で取引するために、初心者の方はもちろん、経験豊富なベテラントレーダーの方でも活用していくことができます。

ドミノ戦略

ドミノ戦略は、不安定な市場での取引に適している戦略です。
フラットな価格の資産を見つけなければいけませんが、システム自体はとても簡単でトレーダーは通貨市場についての深い知識を持っている必要はありません。

トレンド取引

トレンド取引は一般的にもよく知られているシンプルな戦略であり、基本戦略でもあります。
チャート上でトレンドを視覚的に把握できるだけのスキルが必要になりますが、逆にそのスキルを身につけてしまえば取引の機会は劇的に増えるでしょう。

ヒートマップ取引

ヒートマップはさまざまな資産に対する通貨相場をリアルタイムで表すインジケーターです。
ヒートマップ指標を使用することによって、トレーダーはファンダメンタル分析やテクニカル分析を含め、基本的にいかなるチャートも使わずに取引ができるようになります。。

ニュース取引

ニュース取引は基本的な戦略のひとつと言えるでしょう。
ただ、チャートはニュースで予測された通りに動くとは限りませんので、テクニカル分析も必要になってくるかと思います。
また、トレーダーとして待つことも大切です。

トレーダーズ・チョイス取引

トレーダーズ・チョイスは、特定の資産の取引状況をいつでも把握できるように考えられたインジケーターのことです。
間違ったテクニカル分析で失敗してしまうトレーダーも多いので、トレーダーの心理が市場にどれだけの影響を与えるのかを常に意識しながら実践していくべき戦略、取引です。

価格チャネル内での取引

ボラティリティが低くゆっくりとしている夜間の市場では、水平価格チャネル (horizontal price channel) 取引戦略が効果的です。
水平価格チャネル (horizontal price channel) 取引戦略をマスターしておくと、短期間でも効率的に利益を重ねていくことができます。

ビットコイン取引

通常、平日のみとなっているバイナリーオプションですが、ビットコインのような仮想通貨の取り扱いのあるブビンガであれば土日にも取引のチャンスがあります。
リスクを抑えられるバイナリーオプションだからこそ、ビットコインでの取引がより効果的におこなえます。

金の取引

「有事の金」という表現があるように、有事である今だからこそ金の需要が高まっています。
金は変動の激しい取引手段なので、金の価格変動を予測するためにも株式市場に関するニュースを注意深くチェックしておきましょう。

市場修正での取引

修正というのは、市場資産の売られ過ぎや買われ過ぎの原因となった持続的なトレンドに続く市場の変化のことを指します。
市場修正は必ず起こる動き、変化でもありますので、市場修正での取引に対応できるだけのスキルは早い段階で身につけておきたいとことです。

パラボリックSAR取引

パラボリックSARというのはインジケーターのひとつで、パラボリックはチャート上の曲線の方向を意味し、SARは「Stop and Reverse」の頭文字をとったものです。
パラボリックSARを使うことによってローソク足チャートでトレンドの反転を見つけることができます。

アンドリューズ・ピッチフォークインジケーター

アンドリューズ・ピッチフォークインジケーターはテクニカル分析ツールのひとつで、トレンドを見極め、その変化の瞬間と反転ポイントを検出できるようになります。
修正取引でも有効な指標です。

MACDインジケーター

MACDインジケーターは、半不安定な市場での取引に適しています。
範囲が狭いチャートでは他のトレンドインジケーターを使うよりも、より効果的に情報が得られます。

確率的インジケーター

いわゆるストキャスティクス・オシレーターのことで、特定の日数の最小値と最大値を考えながら、取引バンドにおける終値の相対的な位置を決定し、市場の勢いを判断していくことができます。
うまく適用できれば、その分だけシグナルの精度も高まります。

フィボナッチ・リトレースメント戦略

明らかにトレンドの発生している市場でのみ使うべきインジケーターがフィボナッチ・リトレースメントです。
フラット取引には向かないので、この点は注意しておきましょう。

ブビンガの必勝法はひとりひとり異なる

ブビンガの必勝法ということで公式サイトに掲載されている戦略について触れましたが、必勝法というのはひとりひとり異なるものです。
初心者の方に向いているものもあれば、中級者の方や上級者の方に向いているものもありますし、バイナリーオプションへの理解度や身につけているスキル、取引銘柄によっても事情は違ってきます。
何が自分にとって最適なのかはやはり実践してみないとわからないものです。
トライアンドエラー、そして分析を繰り返しながら、自分にとっての必勝法を見つけていきましょう。